コピー機の選び方と料金について

コピー機の選び方と料金について説明しています



コピー機の選び方

多くの人がコピー機を選ぶときに何を基準にして買えばいいのか迷うと思います。
よく物を買うときに安くていいものを選ぶのが定石になっていますが、コピー機の世界においてその考え方は当てはまりません。
コピー機を選ぶ上で一番大切なことは、月間の印刷枚数に合わせたコピー機を選ぶということにあります。
コピー機の価格の違いは、一分間に印刷できる速度の違いです。
印刷速度が速ければ高額なコピー機で、遅ければ低価格なコピー機となっています。
つまり、自身の月間印刷枚数以上のスペックのコピー機を選んでしまうと、無駄に高いものを買ってしまうことになるのです。

そのため、まず何をしなくてはいけないかというと、自身の月間印刷枚数を調べるということです。
この数字を知っておくことで無駄な出費を抑えることが出来るのです。
まったく予想がつかない場合には500枚という数字が一つの基準になります。
なので、500枚に近いものを選ぶようにしましょう。

もう一つ大切なことは必要な機能が使えるかということです。
主流のカラー印刷やFAX送信はほとんどのコピー機についているので心配する必要はありません。
そのほかのオプション的な部分を気にしておくことが大切です。

 

料金

コピー機には本体の価格である本体価格と保守契約にかかる保守料金の2種類の料金が存在します。
さらに、リース料金というものがあり、保守料金と同時期に請求されるため、一緒に考えてしまうケースが多いですが、正確にはこの2種類の料金が請求されています。
コピー機は特に専門用語が多いため、認識の違いや意味がわからないままだと失敗の原因になってしまいます。

本体料金はコピー機を買うために必要な料金です。
コピー機のオプションを追加した場合も、この本体料金に上乗せされるケースが多いです。
リースで導入した場合は、本体価格を分割し、金利など諸経費が含まれた上でリース料金が決まります。
現金で導入した場合h、業者から提示された料金を支払えばその後に料金は発生しません。

保守料金はコピー機の保守契約にかかる費用で、保守契約の種類によりカウンター料金やスポット料金などに呼び名が変わって生きます。
つまり、すべてコピー機を使うことで発生する費用となります。
これは、コピー機を使い続ける限り発生するランニングコストとなります。
リース料金と一緒に請求されることがおおいため、一緒に考えてしまうことがとても多いですがまったく別物なので注意したほうが良いでしょう。

コピー機を選ぶ知識

コピー機を必要としている場合、購入やレンタル、あるいはリースで設置される事があります。
どのように入手するかは、今後どれくらい利用していくか、あるいは予算によっても違いが出てきます。
当サイトではコピー機の選び方や料金について紹介しています。
コピー機はなにも安ければそれで良いというものではありません。
まず考えなければならないのが、月間にどれだけ印刷枚数が出るかという事です。
性能の違いにより、1分間にできる印刷枚数というのが異なってきますので、つまりは効率化を図るには高性能のコピー機を用意したほうが便利という事です。
選ぶ時にはスペックを重視するのか、あるいはカラーやその他の機能は必要なのかという事も考え、商品を選びましょう。

次に料金についてですが、本体価格に加え、保守料金というものがかかってきます。
この両方の料金がかかる事になります。
また、コピー機にはスペックの違いがあるほか、細かいオプションを追加する事によって、料金が異なります。
コピー機の単体の機能で十分であれば、比較的価格は安くなってくれますが、複合機のようにファックスやスキャナーのような、多彩な機能が搭載されているものはそれだけ料金が高くなります。
オフィスにはどのようなシステムのあるコピー機が必要なのかという事が大まかにわかるでしょうが、そこを明確にしておく事で、用意するコピー機も選びやすくなります。
当サイトではこのようなコピー機に関する情報を紹介しているので、チェックしてみてください。